.
景気活性委員会の主旨

景気低迷についての対策-0
(業務防衛策)
(業務拡張策)

景気低迷についての対策-1
(プロローグ)

景気低迷についての対策-2
(現在の業務防衛策)
(依頼のための業務拡張策)

景気低迷についての対策-3
(デザイナーズブランド)

景気低迷についての対策-4
(何のためにデザイン)
(デザイン依頼の構造体)

景気低迷についての対策-5
(要約)(格言)
景気活性デザイン研究委員会の主旨」
最近の我が国における経済の鈍化と景気低迷において、デザイン業界などにも多くの影響があると考えかねてから理事会より問題定義されていた「景気活性」のための新しい特別な研究を行い、本県のデザイン業界やデザイナーなどへの活性へのキーワードとなるようこの「研究会」を設立することになり「特別委員会」として組織設定をおこないました。委員の推薦理由は、宇都宮市内で頻繁に会議を行う為、自営または独立経営者であり研究意識が高く、行動力に優れているという理由で選定しました。活動内容会議と目的は、景気低迷、デザイン業界や市場の現状から、デザイン業務における「防衛策」、新規依頼のための「計画策」などの研究機関として「特別委員会」としての設定により「景気活性研究委員会/仮称」を設置し研究開発機関会議を重ね成果目的として会員向けの小冊子を作成してゆきます。
また目標作成物として「デザインの経営活性(仮称)」全50ページ/手帳サイズ作成機関/約6カ月を制作する。

「研究内容-1-現在の業務防衛